利用企業が増加

互換インクが売れる理由

インク

互換インクが売れる理由の最大メリットは価格です。純正インクと比べると半額やそれ以下で販売されているからです。インクジェットタイプの互換インクは個人が私的に利用する目的が多いので需要、販売数も膨大です。一般家庭にインクジェットプリンターが普及し定着して現在では取り扱い業者も豊富です。互換インクの歴史は古く20年前も販売されておりました。当時は純正のインクカートリッジへ注射器でインク補給するタイプでした。手が汚れ使いにくいものでした。現在はカートリッジタイプをそのままプリンターへ差費込むので交換は純正インクと変わりません。メリットとして安価ではありますがデメリットもございます。インクが擦れたり、カートリッジが認識しないなど不具合品も流通しております。

これからの需要や傾向

互換インクのこれからの需要ですが、ますます増大していきます。インクジェットプリンターの互換インクに加え、企業・業務用のレーザープリンターの互換インクも同様に需要や販売数が増大しております。レーザープリンターの場合は純正トナーを再利用します。注文後、インク販売業者へ郵送し指定のカラーインクを注入し返送してもらいます。互換インクの需要拡大が続く理由はメーカーがプリンター本体を安価に販売し消耗品、特にインクを消費してもらうことで利益を得る販売方法を取っており、メーカー側が純正インクを値下げすることはありえません。デメリットがあってもこの価格差は消費者には魅力的で今後も需要や販売業者が増える傾向です。