中古で安く購入する

保守契約を結ぶかどうか

インク

現在は多くの業者が新品あるいは中古のコピー機を取り扱っています。そしてコピー機を購入した際には保守契約を結ぶか否かを選択することになります。保守契約にも様々なタイプがあります。印刷した枚数による費用とメンテナンスが含まれている契約や修理に関する全ての費用が含まれている契約など様々あります。当然契約範囲が広い方が料金も高くなりますので、コピー機の状態や月々印刷する枚数を考慮して保守契約を結ぶ必要があります。中古のコピー機を購入される方は必ずしも保守契約を結ぶわけではありません。中古ですのでコピー機本体も安価で購入して、トナーなどもインターネットなどで安く購入して費用を抑えたい人は保守契約を結ばすに故障した際にはスポット修理を依頼される方も多いです。

コピー機の修理を依頼するには

コピー機の修理は販売店かメーカーに依頼することになります。その際には保守契約を結んでいるかどうかでかかる費用が異なってきます。保守契約を結んでいれば修理代金は基本的には無料となりますが、保守契約を結んでいない場合はその都度修理代金を支払う必要があります。保守契約を結んでいない場合はスポット修理を受け付けてもらえる修理業者に依頼することになりますが、費用は通常の保守契約よりも割高になってしまうこともあります。部品代金の他にも、技術料や出張料金などが必要になる場合もありますので、事前に見積もりは必ず取るようにします。また修理業者によって修理可能なメーカーが異なりますので、使用しているコピー機のメーカーが対応可能な修理業者を選ぶ必要があります。